縮んだ状態

大切に着用していた衣類が縮んでしまってショックを受けた経験をしたことがある人も少なくないと思いますが、同じように洗濯をしていても縮む衣類があれば、反対に一切縮まない衣類もあるので、その差は一体何なのか気になった経験があるという人もいるかもしれません。
 
仕事で着用するワイシャツなどはクリーニングに出した際に熱によって膨張して、それが冷やされることによって急激に縮小することで縮んでしまうこともありますが、このパターンだと縮む率はそこまで高くありません。
 
縮みが顕著に現れるのは縮みやすい生地を着用していたケースで、特に天然繊維と呼ばれる繊維が使用されている衣類は化学繊維に比べても縮みやすいという特徴があるため、洗濯をする場合は十分に注意する必要があります。
 
縮んだ洋服は買取してもらう場合にマイナスポイントとなるので、場合によっては衣類の縮みだけが理由となり、他に何の問題も無いのに関わらず洋服買取をしてもらえない場合があります。
 
一度縮んでしまった衣類はクリーニング店などに依頼することによって多少は元に戻してもらえる場合もありますが、大体の場合は完全に元の状態に戻らないのでL表示なのに実寸はSサイズくらいしかないような状態になることもあります。
 
こうなってくると当然ながら洋服買取業者では買取をしてもらうことができないので、処分する他に方法はなくなりますが、高級ブランドだと場合によっては買取してもらえる場合があるので一応査定は受けるようにしましょう。